【バツイチ女性】フェイスブックで確実に恋活を成功させる方法!

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

リアルな社会で「バツイチ」女性が積極的に恋活をしていますと女心も知らない男性から「アイツは男漁りしている」とか、「恋愛依存症」などなど良からぬ噂立てられることもありますので、素敵な恋愛を楽しみたいと思いつつもイマイチ躊躇することってありますよね^^;

ですがフェイスブックの恋活サイトを使うと、バツイチの女性でも簡単に理想のお相手と出会うことができます。

何といってもフェイスブックの恋活サイトでは様々な目的を持っている男女が登録していますので、バツイチ女性が恋活しているなど珍しい話ではありませんから^^

しかしバツイチ女性は離婚経験をしている経験上、「男性恐怖症」になっていたり男性に対して不信感を持っていることが多くフェイスブックの恋活サイト内で恋活していても、このようなトラウマ的なことは、あなたが意識しないでも相手に伝わってしまうことがあります。

また「バツイチ女性は落ちやすい」などという都市伝説もあったりしますので、真に受けている男性からヘンなメールが来ることもあります。

そこで今回は、バツイチ女性が安心してフェイスブックの恋活サイトで理想の彼と出会うテクニックをお知らせします!

 

プロフには「ネガティブ」な発言を記載しない

 

過去のトラウマからか、バツイチの女性はネガティブなことをプロフへ記載する方が多いです。

また、理想の男性層も「理想が高すぎ」と思うくらい多く書き込む方も多いです。

しかし、あなたのことを知らない男性がこんなネガティブで理想の高い女性のプロフを見ましたら「重い女」「勘違い女子」と思われて、フェイスブックの恋活サイトといえどメールを送ってくる男性はいません。

ですから心機一転、過去を忘れて「これからの彼」と楽しい時間が過ごせるように、あなたが楽しめる趣味、理想の男性がいてもあまり詳細までは記載することはしないでください。

また男性の年収なども大切ですが、全ての男性と会う訳ではありませんので、実際に会って彼からプロポーズをされた時に具体的な話をしてみてください。

 

自己紹介は長すぎず、男性歴は言わない

 

日常男性と接点のない職場で仕事をしている場合、久しぶりに男性とメールすることから力が入り過ぎて、お見合いする時のような堅苦しい自己紹介をしかも長文でする女性がいます。

また相手から聞かれてもいないのに、男性歴や離婚に至った経緯なども…

男性的にこのような「重いメール」を貰いますと、あまり良い印象を持つことはありませんので初めてあなたからメールする時、相手へ返信する1回目のメールでは簡単な挨拶と自己紹介程度で押さえておくことにしてください。

 

メールする相手のプロフをチェックする

 

フェイスブックの恋活サイトへ登録している男性でも目的は様々です。

あなたが真剣にお付き合いできる男性を希望する場合は、しっかり相手のプロフをチェックしてください。

男性でもプロフをしっかり記載している方は少数派ですが、逆にこのようにしっかりプロフを記載している男性は真面目な恋愛を求めてサイトへ登録しているケースが多いです。

女性でもバツイチ女性の場合は男性からメールを多くもらう機会がありますが、目的意識を持って、真剣に恋活している男性だけとメールをするようにしてください。

 

すぐに連絡先交換しない

 

男性はサイト内でメールする時にお金がかかりますので、早い段階で直接連絡先の交換を希望することが多いです。

しかし、あまり良く知らない内に連絡先を交換すると、「こんな男性だとは思わなかった…」後悔する羽目になってしまうこともありますので、少しフェイスブックの恋活サイト内でメールのやりとりをして、あなたが好感を持てる男性でしたらラインIDを交換してみてください。

 

付き合っている錯覚をしない

 

フェイスブックの恋活サイト内でメールをしていたり、直接メールするような関係になっても、その彼とはお付き合いをスタートさせたわけではありませんので、返信が遅かったりしても怒ることはしないでくださいね^^;

また、相手から返信が遅い場合、「恋活サイトで別の女性と…」と勘繰ってヤキモチを焼くような女性もいますが、まだ待ち合わせもしていない関係でこのような発言はNGですよ!

 

自然な流れで待ち合わせする

 

直接メールをするような関係になりましたら、どちらからお誘いしても自然な流れで待ち合わせするようにして下さい。

約束する際は、あなたや相手が少し考えているようなことがありましたら、予定日先延ばしにしても2人でゆっくりできる日程を選んでみてくださいね。

◆バツイチ女性が安心してフェイスブックで恋活出来る無料サイトはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ