【逆セクハラ】女性でも逮捕される逆セクハラになる行動パターンとは?

img_0

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのさきです。

最近は女性のセクハラ問題が話題になる事が多くなりましたね?

今や「女性だから」で許させる問題ではなくなりましたセクハラですが、実際どこまでがOKで、どこまでがNGなのでしょうか?

今回は、逆セクハラの問題の研究をしている恋せよ乙女のメルマガ読者女性69人からのご意見を纏めてみました。

ゴメンナサイでは許されない重要な問題ですので、もしあなたが該当するような行動パターンをしていましたら、本日からは厳守してくださいね!

 

性別の差別発言

 

「男のくせに!」「男らしくない!」など職場で男性を叱るときに定番の発言だと思いますが、性別を理由にした発言をすればセクハラにあたる可能性があります。

難しい世の中になりましたが、これ男性から「女性のくせに」と発言をすると今どきは大問題になりますで、このセクハラ問題も男女平等という事になってくると思います。ご注意ください。

 

プライバシー侵害

 

嫌がっている、又はあなたの立場を利用して彼女の事や下ネタの質問などプライバシーにかかわる情報を聞き出そうとするのも止めましょう。

これも、あなたに色目を使う大嫌いな男性上司から同じことをされたら不愉快ですよね。

 

過剰なボディタッチ

 

昔のドラマでは、エッチな上司が部下のおしりを触ったり、飲み会では、胸を触ったりなどが定番でしたが、最近は女性も男性に無理やりキスを迫ったり局部を触ってみたり、乳首を抓って苛めてみたりと、セクハラ風な問題が随分多いようです。

男性は女性に触られるのが好きなはず。など思い込んでいたら危険です。

やっぱり、親しい男性以外とは一定の距離を以て接するのが間違いないでしょう。

 

強要

 

自分の立場を利用して、仕事以外のプライベートな時間に無理に誘ったり、仕事上でも不自然に2人になるような環境を強要する行為です。

相対する男性が、特別あなたと深い関係でなければ面倒な事へ巻き込まれないためにも、日常より気を抜かない事です。

全て男女のコミュニケーションとして日常ありがちな事ですが、あなたの言動に対しての捉え方は個々によって大きく異なります。

相手の反応を見つつ「相手を不快にさせる言動は控えよう」と心がけておいてくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ