【非モテ女子】えっ、女を捨ててる!?オバサン女子の行動パターンとは?

213

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

素の自分を愛してほしいから…。

素敵な恋の望んでいるはずが、【素】のままであるが故に、周囲の男性から「オバサン女子」などとドン引きされる女性が多いそうです。

そこで、今回は若年層の女性であっても男性が「オバサン女子」とドン引きする女性の行動パターンを纏めてみました。

素の自分でありたい…というお気持ちは察しますが、男性の前では“少しだけ”気を使うと素敵な出会いがあるかもしれません!要チェックです!

 

使い古された小物

アンティークなお洒落な小物ではなく「使い古された」バックや財布などの小物を所有しているとオバサン女子とみなされるケースが多いようです。

お金のかかることなので、すべて新品に変更することはありませんが“人目に見える”バックや靴、財布程度は、あまり“味”ができまで使いこなさない方が良いでしょう。

 

極端なメイク、強すぎる香水

極端に薄いメイク(又はノーメイク)、濃すぎるメイクなどバランスの悪い化粧、きつすぎる香水の匂いもオバサン女子に分類される特徴です。

 

プリン現象

きれいな茶髪に染めていても、数か月もすぎますと「プリン」のように上部に黒髪が見えるようになり貧乏くさくみえてしまいます。

白髪隠しで染めているのでありませんでしたら、黒髪ロングのほうが爽やかできれい見えますよ。

 

顔や手にうるおいがない

家事のやり過ぎで、手がパサついている、ささくれができている、肌にうるおいがないなど、生活感がにじみ出ている女性もオバサン女子と指摘されることが多いそうです。

やはり女性は自分磨きは大切です。外出時はクリームなどを塗り、うるおい肌を保ちましょう。

 

クーポン、特売日のフル活用

節約するのは良いことなのですが、露骨に男性との会話で「お得感」「節約」の話ばかりするのも考え物です。

節約や割引を好む場合でも、男性の前では利用していることは極力離さない方が良いでしょう。

 

行動する時に一声発する

座るとき、お風呂に入るときに「ふー」、立ち上がるときに「よいしょ」など、アクションを起こす問いに一言発するのもオバサン女子のイメージを持ってしまうそうです。

日常のくせになっているようでしたら、ご家族にチェックしてもらって治す努力をしてみましょう。

 

家事のことが頭から離れない

雲行きが悪くなってきたら「洗濯物大丈夫かしら」、冷蔵庫の中身など「賞味期限が」など外出してても、家事のことが頭から離れない主婦層っぽく思われがちです。

できるだけ男性の前では、家庭的な会話は慎んだ方がベターですね。

 

男性を「あんた」「彼氏」「旦那さん」などと呼ぶ

名前を知らないのか?口癖なのか?

男性を呼ぶときに名前を呼ばず「あんた」「彼氏」「旦那さん」など同一の呼び方をする女性です。

庶民的なお店にいる年配女性店員などによく見られますよね?男性のお客さんを「彼氏、注文は?」と話オバサンって。

このようなイメージをが根付いているので、男性には無難に「君」「さん」など名前で呼んであげるのが自然でよいです。

 

いかがでしたか?

若くてきれいな女性であっても、ちょっとした仕草でオバサン女子とドン引きされるのは勿体ないです。

ちょっと改善するだけで、素敵な出会いがあるかもしれませんので心当たりがありましたら、ぜひ改善してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ