【彼への悩み】また負けてきたの!?彼のギャンブル依存症を直す方法!

20

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

片思いや婚活を経て、やっとお付き合いをすることになった彼がギャンブル好きだったらどうしますか?

よく男が道楽の限りを尽くすことを「飲む、打つ、買う」と表現されますが、その中でも「打つ」ギャンブルは中毒性が高いことで知られています。

一言でギャンブルと言っても、競馬、競艇、パチンコ、宝くじ、麻雀、ポーカーフェイスなどさまざまなものがあり、ちょっとたしなむくらいであればいいものの、ギャンブル癖となると考え物ですよね。

将来的に結婚を考える彼であれば不安になりますし、彼のことは大好きだけど別れたほうがいいのかな…なんて悩んでいる人も多いはず。

「ギャンブル癖さえなければ…」

そこで今回は、ギャンブル専門に解消カウンセリングをしている先生から教えていただきました「彼のギャンブル癖を直す方法」をお知らせします!

 

ギャンブルにはまる心理

 

人間はある行動に対して毎回ご褒美をもらうよりも、たまに与えたほうがより熱心にその行動を続けるという心理効果があります。これを「部分強化」といい、ギャンブル癖のある人は見事にこの心理にはまってしまっているのです。

逆にある行動により毎回必ず報酬が出ることを「全部強化」といいますが、人間の習性としてたまに思いがけない収入のある「部分強化」のほうが魅力的に感じます。

特に男性の場合は、”モテフェロモン”の名で知られる男性ホルモン・テストステロンの影響が強いため、闘争心や賭け事に熱中する傾向があり、ギャンブルにのめりこんでしまうのです。

 

ギャンブル依存症という病気

 

ギャンブルをしない人にとっては、負けが続いているにも関わらずなぜ続けるんだろうと不思議に思うでしょう。

ギャンブル癖というのはギャンブルをする行為に対して依存をしている状態であり、これはギャンブル依存症という立派な病気のひとつなのです。

ギャンブル依存症は、ギャンブル中は何もかも忘れてハイな状態になっているのに、終了すると強い後悔の念に駆られて自己嫌悪に陥るのが特徴です。

またギャンブル依存症の人は自分が依存症であることを認めません。どんなに確かな証拠を出しても否認をし、認めないからこそ加減が分からずに重症化してしまうのです。

 

効果的な治療方法

 

1 いきなりではなく徐々に変える

タバコやアルコールに代表されるように、「依存症」というのは習慣化して出来たものです。

習慣は1日や2日で出来たわけではありませんから、変えるためにもまた同じだけの年月がかかることをしっかりと理解しましょう。

例えばダイエットのために毎日食べていた大好きなおやつを止めることは辛いはずです。

しかし1週間のうち2回なら食べてもいいルールを作れば、さほど苦にならないでしょう。

これと同じで「ギャンブルをしてもいい日」を設け、徐々にその日を減らしていくことが有効です。

 

2 冷静に気長に説得する

どんなに彼のためを想っているにしても、興奮したり感情的になるのは逆効果です。

ギャンブル依存症の人はどんなに大損していようが「次こそは取り戻せる」と信じていますので、口うるさく言ったところで聞き入れてもらえませんし、それどころか反発心から更にギャンブルに熱中してしまう可能もあります。

感情的にならずに、ギャンブルのデメリットや使っている金額、このままでは二人の関係や将来に影響を及ぼすことなどを冷静に話しましょう。

彼のことは責めずに「変わってもらいたい」ことをアピールすることが大切です。

ギャンブル依存症の人の中には浪費癖や借金癖がある人が非常に多く、借金をしてまでのめり込む人もいます。

適度なショッピングや旅行などはいいストレス解消となりますが、貯金もできないほど趣味やギャンブルにつぎ込んでしまっては危険です。

これを解消するためには「お金のかからない趣味を見つけること」が有効ですが、そのためにはパートナーの強い意思と愛情が不可欠になります。

ギャンブル依存症の人の多くは精神的に弱くストレスを抱え込みやすいので、普段から精神的に支えてあげるようにしてくださいね。

恋せよ乙女!無料メールマガジンでは、各種お悩みを解消するテクニックをお知らせしていますので是非チェックしてくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ