年下彼氏と上手に付き合う方法!-恋せよ乙女!恋愛術

love_point-700x466

☆年下との素敵な出会いはこちら!

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

やっと大好きだった年下彼をモノに出来て天にも昇るような対テンションになっているかと思いまます。

が…水を差すわけではありませんが、いまスタート地点に立ったばかりですので、大好きな彼とは末永くラブラブな毎日が過ごせるように以下の上手に年下彼と付き合う法をチェックしてくださいね。

 

年齢意識を捨てる

 

お付き合いがスタートしましたら彼を年下、自分が年上という意識は一切捨ててください。

付き合い始めのルンルンとした気分では、普段から甘えてくる彼の我儘を全て受け入れ甘やかしてしまうことって多くあるかと思います。

あなたのそんな行動パターンは彼を喜ばせることでしょう。が…。その結果、最初はすごく優しかった彼がワガママな男に豹変することがあります。

もちろん豹変する年下彼が悪いのですが、あなたが彼を甘やかす態度を取った事がきっかで、このような最悪な事へ成るということを忘れてはいけません!

ですから、世間話をする際でも「年齢」的な話になるようなこと、自ら思い出話をする時でも彼が理解できないような過去形の話、彼が昔話をする際でも「私が何歳のときかな?」と年齢格差をイメージさせるような会話は出来るだけ避けてください。

 

彼を煽てながら教育する

 

あなたから見れば年下の彼は未熟な点、社会人として至らない点が多々あるかと思います。

今までは見て見ぬふり我慢できたか所でも一緒にいる時間が長くなりますと、ついつい小言などが多くなり、ダメ出しばかりされた彼との関係はギクシャクしてきてしまします。

そのような場合は彼を「煽てながら教育する」という感じでスタンスを変えてみてください。

なにかしらヘマをした時でも「もう少しこうすると格好いいよ!」とか仕事で失敗した時でも「そのやり方は間違いではないけど、もっとこうすると」という感じです。

但し、アクション毎に口をはさむとやっぱり「口うるさい女」でしかありませんので、あまりに目に余った時だけにしてくださいね!

 

自分の教養も忘れない

 

年上女性の魅力は、年下彼にはない教養や常識はきちんと持ち合わせていることです。

ですから、あなたが非常識なうえに失敗ばかりの目が離せない女性…というのは大きなマイナスポイントになります。

普段対等にお付き合いをしている年下彼ですが、こんなシーンが頻繁に続くことで「年上のくせに…」と嫌気も差してくることでしょう。そうなると、彼の愛の熱は冷却の一途をたどる悪循環に嵌ります。

必要以上に頑張りすぎることはありませんが最低限の教養やマナーは身に着けておくようにして下さい。

 

頑張り過ぎない

 

年齢格差があるほど、女性は自分に負い目があると思い込んで必要以上に頑張ってしまうことがあります。

例えば、プレゼントでも高価なものでないとか、デート服も毎回違う洋服とか、食事でごちそうする際でも、生活レベルを超えるような場所を選んでみたりとか…。

自分に負担になるような付き合い方は疲れるだけですし、無理な負担が重ねることであなたの生活が困窮するような事態になる危険もあります。

また、これだといくら年下といえども「男性」としての彼の立場がなくなってしまいますよね。

頑張り過ぎる癖がついてしまうと息抜きもできませんし、彼も一緒にいることが窮屈に感じてしまうようになることもありますので、甘えん坊な彼だとしてもあまり過剰にならないようにご注意ください。

 

自分の価値観や時間は大切にする

 

年上女性の魅力は何と言っても、経験の豊富さから得た自分だけの価値観を持ち合わせていることではないでしょうか?

そんな自分の世界観を持ち合わせている女性は格好よく見ますので、人生経験の少ない年下彼には魅力的な部分です。

年下彼とお付き合いするようになりますと、対応にお付き合いしているとはいえ彼のペースに合わせてしまいがちです。しかし全て彼に合わせてしまうことによって、あなたの女性としても魅力も半減してしまいます。

ですから、あなたがひとりでお茶をのむ時間が好むとか、自分の趣味に没頭するとか、自分だけの時間を楽しみたい時には彼を誘わずに自分だけの時間を楽むようにして下さい。

このような自分だけの時間を大切にすることで、あなた自身が自心身共にリフレッシュすることが出来ますし、何よりそんなあなたは彼には輝いて見えるはずです。

歳の差カップルといいますと、格差があるほど年配者は気を使うものですけど、実は年下彼は「対等」の付き合ってくれることを望んでいることが多いのです。

あまり頑張り過ぎず、自分を大切にしながら彼とも上手に末永くお付き合いをしてくださいね。

☆年下との素敵な出会いはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ