遠距離恋愛を成功させる方法!-恋せよ乙女!恋愛術

w621_o-WOMAN-SITTING-ON-A-TRAIN-facebook

こんにちわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

大好きな彼が仕事や家庭の事情で、全然知らない街に急に引っ越すことに…

遠距離恋愛は続かないもの、遠距離恋愛のカップルは5組の内1組は必ずどちらか、または両方が浮気するなんて統計もありますけど、遠距離恋愛というハンデを抱えながらもハッピーエンドを迎えるカップルも意外のも事実です。

それで今回からは特集を組んで「遠距離恋愛を成功させる方法」をお知らせします。

この「遠距離恋愛を成功させる方法」は、半年に1度しか会うことのできない500人以上の遠距離カップルを結婚まで導いた、遠距離恋愛の専門カウンセラー様より特別に教えて頂きましたテクニックです。

遠距離している彼と、いつまでも恋人同士で居たい!と思っている貴女は、この特集記事は必見です。

では、さっそく行ってみましょう!

◆遠距離恋愛の基本ルール

・期限を決める

いつまで遠距離恋愛を続ければよいのか?

「何時かきっと」「夢が叶ったら」という曖昧な期限では遠距離恋愛を続けることは難しいです。きっと大好きな彼の事でも、いずれ不安に負けて心が折れてしまいます。

しかし「半年後」「2年後」というように明確な期限があれば、二人で頑張ることができますよね?

仕事や学校の都合等、諸事情によって期間は様々でしょうが、遠距離恋愛を始める前に彼と話し合って明確な期限を決めてください。

・彼への連絡はマメにする

遠距離恋愛でも一番のネックは「すぐに会うことが出来ないこと」です。

これはどれだけラブラブのカップルでも、一方が仕事で忙しいなどの事情で会う頻度が少なくなることで数か月後に破局してうケースが多いことでも解りますよね?

しかし、これだけネット環境が整っている現在は、昔のように返事が来るであろうか?と不安になりながら手紙を書く必要もなく、SNSを使ったり、スカイプでオンラインのでテレビ電話で彼と毎日話すことが出来ます。

彼には、毎日どうでもよいことでも近所にいた時のようにマメに定期連絡をしてみてください。

但し、ヘンなルールを設けることはNGです。

彼が負担になるようなルールを設けられることで「信用されていない」とヘンに思うこともあるでしょうし、ルールほど男性にとっては息苦しい事はありませんから^^;

このようなストレスを感じる相手でしたら、近隣の…彼は居心地のよい方へ逃げていきますので、気を付けてくださいね。

続いて、日常の心構えとアクションです!

信念を持つ

 

「信念」といいますと男性ぽく思われがちですが、遠距離恋愛に失敗する女性の多くは、自分を見失ってしまうことがあります。

寂しさを紛らわすために、男友達と遊んでみたり、合コンへ参加してみたり…などなどです。

もちろん、自分を見失っている状況で、そんな男性が集まる場所へ行ってしまえば、甘い誘惑に負けてしまうことだってありますよね。

だから、誰になんて言われようが、どんな誘惑があろうが「私の好きなのは彼だけ!」という信念を持つことです。

このようにブレナイ自分の心がありましたら、他の男性が付け入る隙はできませんからね。

 

自分の趣味を持つ

 

彼と会いえない寂し時間、部屋に閉じこもっていても嫌なことを考えてしまうだけです。

だから、逆にあなたの自由時間が増えたと良い風に考えて、次回彼に会った時に「可愛くなったね!」と言わしめるように習い事をしてみたり、スポーツジムへ行ったり自分磨きする時間を増やしてみてください。

ストレスの解消にもなりますし、視野を広げる自分磨きをすることであなた内面からキラキラ輝く女性になれるはずです。

 

たまに会う時には目いっぱい楽しむ

 

遠距離恋愛といっても国内にいる限りは、片道数時間もあれば彼の元へ行くことが出来ますよね?

たまに連休、彼があなたの元へ、またあなたが彼の元へ駆けつけて会うに行くこともできますので、彼と会った時には思う存分2人の時間を楽しんで下さいね。

多少不満があることもあるでしょうけど、ツマラナイ愚痴、彼への行動パターンなどをチェックするのは厳禁です!!

こんな普段と変わらない話をしますと、次回から彼も会うのを楽しみにすることはありませんから、言いたいことがあっても心に閉まって「楽しい時間」だけをお過ごしくださいね!

いかがでしたか?

「遠距離恋愛」と難しく考えがちですが、社会人になれば出張や仕事の関係で近所に住んでいても会う頻度が少なくなることだって良くあります。

あまり考え込まないで「自由時間が増えた」くらいに気楽に考える方がお互い長続きするコツだったりします。

恋せよ乙女!ではメルマガ読者様からのご質問は随時受け付けています。

誰にも相談できなくって一人でお悩みを抱えているようなことがありましたら、お気軽にご相談くださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ