【性教育】知らなきゃヤバい!!性病の種類とは?

large

世界一のコンドーム生産国といわれる日本ですが…実は、コンドームを着用する、避妊をする男性数が他国より異常に少ないという、おかしな現象になっています。

だから日本の中絶件数は、年間約20万件、出生数の5分の1にも及ぶ恐ろしい数字となっています。

さらに、性感染症の一つであるクラミジアは昨今25歳未満の若年層とても多く、およそ10人に1人の若年女性が感染しているという、肌寒くなるようなお役所発表のデーターがあります。

妊娠や性感染症は、不特定多数の男性と経験する女性だけというものではなく、今では普通に恋愛している人にとって日常的な問題なのです。

そこで今回は、性病の種類と潜在期間、予防対策を解説します。

いつでも安心してエッチが出来るように、最低限知識は勉強してくださいね!

 

性病の種類

・クラミジア感染症

潜伏期間:一週間から3週間

感染経路:性行為及び、類似の行為(オーラルセックス)

症状:尿道炎(尿道分泌物、尿道掻痒感、排尿痛)精巣上体炎(陰嚢内容の腫脹、疼痛、発熱)

・淋 病

潜伏期間:3日~10日

感染経路:淋菌が尿道の中に入ることで感染

症状:女性…痛みや黄色っぽい膿が生じます。男性が淋病に感染しますと、かゆみや粘液が出て排尿時に痛みがでます。

・性器ヘルペス感染症

潜伏期間:2日から10日。

感染経路:性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)。

症状:男性 陰茎包皮の水泡、潰瘍。強い痛みが出ることがある。

・尖形コンジローム

潜伏期間:数週間から数ヶ月。

感染経路:性行為、およびその類似の行為。

症状:大小陰唇、膣前庭、膣、肛門周囲、肛門、尿道口、乳頭状、鶏冠状の淡紅色、または褐色状の腫瘍で集簇して多発することが多い(いぼのようなものが多発するということ)。自覚症状はあまりないとのことです。

・梅 毒

潜伏期間:2~3週間

感染経路:皮膚の傷口などからの血液感染

症状:第一期から第三期までは、シコリやリンパ腺の腫れ、バラ疹やゴム腫ができる。第四期になると病毒が脳や脊髄にまで及びます。 治療法 血液検査で早期発見できれば100%完治します。

・B型肝炎

潜伏期間:50~180日

感染経路:ウィルスが傷口から侵入する血液感染

症状:はじめは風邪に似た症状。ウィルスの侵入が進むと慢性肝炎に。肝硬変、肝ガンになることもあります。

治療法:抗体をつくって治療します。

・HIV感染症(エイズ)

潜伏期間:半年~8年

感染経路:ウィルスが性器の傷口から侵入する血液感染、性行為、麻薬など注射の打ちまわし。、以前行われていた非加熱製剤の輸血。唾液では感染しない。

症状:発熱、リンパ腺の腫れ、下痢などが続く。後にカリニ肺炎、カンジタ性食道炎、カポジ肉腫が見られ、最後は死に至る。

治療法:AIDS発症予防のためAIDS治療薬、漢方薬などが試されているようです。

どのようなときにエイズを疑うか?

1)口腔カンジダ症  

2)脂漏性皮膚炎

3)両側びまん性間質性肺炎(カリニ肺炎)

4)リンパ球減少を伴う白血球減少

5)持続性全身性リンパ節腫脹など

性病に関しては、ご自身で病状が解りにくいケースが多いそうですから、彼以外とエッチする機会が多い時は、毎月1回程度の診断へ行くことをオススメします。

⇒デリケートゾーンのお悩み解消TOPへ

このページの先頭へ