【フェラチオ講座Vol2】彼が感じるスポットを知っておこう!

こんばんわ。恋せよ乙女MCのサキです。

今回は、フェラチオ講座の第2弾です!

フェラは、あなたが彼にするサービスとして最もオーソドックスであり、あなたの努力(テクニック)次第では、彼はあなたの虜になり生涯手放すことはないでしょう。

なぜなら、フェラは彼が気持ちが良いのは勿論ですが、あなたを自分の意志通りに動かし征服したという満足感を得られるからです。

では、どうすれば彼を満足させるフェラテクを身に着けることができるでしょうか?

その前に、今回は男性性器の各スポットについて勉強してみましょう。このスポットが理解できないとテクニックが身に付きませんので、しっかり覚えてくださいね!

 

亀頭(きとう)

10

男性の先っぽ部分です。亀頭部分を舌で舐めたり口で含むのがフェラチオの基本です。敏感な個所ですから、爪を立てたり歯を立てたりしないようにしてください。

 

カリ首(カリ)

11

亀頭と竿の境い目で、カリクビ、カリといわれる部分です。

カリと包皮の間には、恥垢(ちこう※一般的に「チンカス」といいます)が溜まりやすく、臭いの原因になります。

包茎の男性の場合は、口内炎の元になりますのでフェラする前に恥垢が残存していましたら彼に洗い流すようにお奨めください。

 

肉棒部分(「竿」(さお)とも言います)

13

肉棒は、舐めてもあまり彼は感じませんが、あなたが“舐めている”シュツエイションが興奮度を高めます。

手コキ(手で上下にしごくこと)をしますと、彼の感度が高くなりイキやすくなります。一般的にフェラは亀頭部分を舐めながら、この部分を手でシゴクことが基本的な行為です。

 

裏筋(うらすじ)

14

敏感な亀頭の裏側部分です。下で舐めたり唇で軽く噛んだり(歯を立てないで)すると彼は気持ちがよくなり喜びます。

 

睾丸(「玉」(たま)ともいいます)

15

男性の急所です。刺激には極度に弱いので、軽く口の中に居れたり、手でさするように優しい刺激を与えると感度が増します。

 

肛門(アナルともいいます)

汚い部分ですが、亀頭と同様に敏感に感じる部分です。慣れると気になりませんが、初心者の場合は、少し抵抗があると思いますので、彼が求めてきましたら、シャワーを浴びてから要望に応える条件を出してくださいね^^


サブコンテンツ

このページの先頭へ