お尻の穴まで見られるのは…そんな恥ずかしさを快楽へ!!バックでオーガズムに達するコツ!

 

HD-romantic-couple-wallpapers_zps48e8212a

こんばんわ。恋せよ乙女!MCのサキです。

奥まで当たるので痛い、お尻の穴まで見られるのは恥ずかしい…

などなどバックを嫌がる女性も多いですが、女性の自由を奪い征服したような満足感が得られ、さらに深くまで気持ちよく挿入できるバックしタイルを好む男性は多いです。

そこで、今回はあなたも彼も気持ちがよくなれる、バックでオーガズムに達するコツをお知らせします。

さっそく今夜チャレンジしてみてくださいね!

恥ずかしさを快楽へ

バックは「お尻の穴」「膣」とあなたの恥ずかしい箇所をすべて彼に見られてしまいます。

恥ずかしいから嫌!というより逆手にとって恥じらいを感度に変えてください。少しMっけがある場合は、この男性に征服されることが次第に喜びになってくるはずです。

最中、彼はあなたのお尻を鷲づかみにしたり、お尻の穴や膣を広げたて見たりすると思いますが、慣れてきましたら、このような彼のSっぽいテクも快感になってくるはずです。

お尻を突き出す

両肘をベットにつけ、おなか部分はベットにすれすれ、お尻だけ突き出すイメージで体位を変更してください。

お尻だけ彼に突き出すポーズがあなたが一番SEXYに映ります。

さらに奥までの挿入に痛みを感じない場合は、この角度が一番深くまで挿入できます。

後は、ズイズイ彼のアレが奥まで挿入されてきますので、彼の動きに合わせる形で腰を動かしてください。

少し彼のアレが浅い感じがしましたら、お尻を彼に押し付けるようにしてください。彼も合図をわかってくれて、あなたをお尻を鷲づかみにしてグッと奥まで挿入してくるはずです。

うつ伏せ

あなたが、うつ伏せになり、彼が後ろから抱きつくようなスタイルで挿入するパターンです。

上記の一般的なバックと違って、お尻のお肉がありますので深い挿入はできませんが、彼とべったりしながらバックを楽しむことができ、浅めの挿入が好きな女性の場合はこの体位はおすすめです。

ベットと彼に挟まれて息苦しい場合は、そのまま少し斜めにずらすなどしたらよいでしょう。

 

いかがでしたか?

え、こんな気持ちが良かったの!?

あなたがバックへの快楽を発見しましたら、次回から進んで彼にリクしてみてくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ